自分の結婚式。30年前の昔話で恐縮ですが…。19で見合い結婚でした→その内容が・・・

981: 名無しの恋愛速報さん2010/06/13(日) 15:52:10

自分の結婚式。30年前の昔話で恐縮ですが…。19で見合い結婚でした。 
生まれて初めての花嫁衣装。締めあげられて、息が詰まる着つけ。 
生まれて初めての高島田のカツラ。きつくて重くて苦しい。 
「痛い」と訴えても「花嫁さんはみんな我慢して被っている物よ」と美容師。 
自宅結婚式で日本間・座布団。 
朝早くから着つけ。披露宴が終わりに近づくころ、どうしても気分が悪くなってその場で気絶。 
隣の部屋で少し休ませてもらったが、気がついても全然気分が治らぬまま、元の座敷へ。 
田舎の事で、当日の宴会の終了は夜中の2時。 
酒癖の悪い親戚が暴れて襖をやぶくわ、中学生の、自分の妹にお酌強要する爺いはいるわ。 
自分的にはさんざんなのですが、後日の両家の感想は「豪華で良いお式だったわね」 
青い顔のまま残る集合写真。 
その日は朝から何も食べていないにもかかわらず、途中何度も吐いた。 
花嫁衣装を脱がせて貰ったら、きつく締められたひもが痣。帯の幅に青くなっていた。 
カツラも外してもらって、やっと頭痛も消えた。 
後で色々な人から聞いた情報によると、着付けのひもがくいこむのは異常。 
花嫁カツラもサイズがあってなかったんじゃないか、と。 
化粧も着つけもカツラも独りでやって下さる美容師さんだった。 
あとで、「ものすごい腕の悪い方と評判」と判明。 
記念写真の花嫁姿は、カツラと顔の白塗りの間に素肌がひと筋くっきり。 
なんというか、素肌の花嫁が、お能の面を被っているような仕上がりに写っている。 
全部夫の両親が手配して下さった美容師さんであり、自宅結婚式。費用は両家の親折半。親主体のお式でした。 
今度生まれ変わって結婚式をあげることになったら、ちゃんと自分で手配したいな…。