【再掲】 僕が登ったのは大して高くもない小さい山。幽霊なんて出そうにないほど。 でもその山の頂上には神社があって途中の登山道には神々しい雰囲気が漂っていた。


引用元:
「∧∧∧山にまつわる怖い話Part8∧∧∧」より

http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080228330/
792: 地空海川 osk10-p107.flets.hi-ho.ne.jp水石谷気 04/04/29 23:08 ID:eZcfXxX5
町の中にある山に登ったときの話なんだけど。
僕が登ったのは大して高くもない小さい山。幽霊なんて出そうにないほど。
でもその山の頂上には日本でも有数の大きい神社があって、
そこにいく途中の登山道には神々しい雰囲気が漂っていた。
たいていの人はケーブルカーとかで登ってしまうので、
登山道を使う人なんて本当に少なく、僕一人でずっと登り続けていた。
すると突然、前方でがさがさという音。
奇妙なほど静かな中でその音は明らかに異質だった。
「ああ、きたな」とはっきり感じた。
その音はだんだん近づいてきて登山道に出て、やがて僕の目の前を横切った。
足音は確かに目の前を横切ったのに、姿は見えなかった。
この山には神様と関係したものが住んでいるのかもと思った。
その道を歩いていることに恐縮し、感謝しながら歩いた。

続きを読む